エンジェル税制活用事例

前のページへ戻る

老舗の自転車メーカーが、新市場開拓を目指し、子会社A社を設立して車イスの製造販売に参入しました。 自転車メーカー自体だけでなく、自転車メーカーの役員4人(どの役員も一族で50%超の自転車メーカーの株式を保有していない)も出資した場合は?
老舗自転車メーカーが、車イス製造販売に挑戦

自ら経営する建設業の遊休地(資材置き場)を活用して、子会社B社を設立し、有料老人ホームを設立しました。

システム会社と梱包材メーカとソフトウェア会社が、共同で新会社C社を設立し、ICタグ付きリターナブル資材運搬箱(通い箱)を開発しました。

情報端末メーカと病院向け資材販売会社が、共同で新会社Dを設立し、病院入院患者向けテレビ兼用情報端末を開発して病院に販売しました。

国際空港に近い青果市場の卸売業者が共同して輸出商社E社を設立し、地の利を活かして中国向け輸出を展開。

商店街の若者向け店舗ラインナップを拡充するため、若者向けブティック開業予定者が設立した新会社F社に、商店街の主要メンバー13人が出資。

地方自治体、漁協、水産加工業者、民宿、食品販売業者が連携し、地域ブランド製品を製造する海産加工食品(押し寿司、ひもの)会社G社を共同で設立。