ベンチャー企業への投資を促進するために個人投資家に対して税制上の優遇措置を行う制度、エンジェル投資の情報発信メディアです。

急成長中の収納サービス「サマリーポケット」を運営するサマリーが、クリエイティブエージェンシー・TYOを引受先とする第三者割当増資を実施

前のページへ戻る

株式会社サマリー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:山本憲資、以下「サマリー」)は、株式会社ティー・ワイ・オー(本社:東京都品川区、代表取締役社長:早川和良、以下「TYO」)が、株式会社フィールドマネージメント(本社:東京都渋谷区、代表取締役:並木裕太)と共同で設立したベンチャーファンド「Ad Hack Ventures有限責任事業組合」を引受先とする、第三者割当増資による資金調達を実施しました。

サマリーが運営する収納サービス「サマリーポケット」は、現在520億円、2027年には1,000億円規模へ市場拡大する可能性を秘めているという日本のトランクルーム市場において、前年同月比10倍のスピードで業績を急成長させています。さらに、昨年の12月には「サマリーポケット」のイメージキャラクター“くらしスッキリおサめ隊 隊長”に稲垣吾郎さんを起用し、現在話題沸騰中のサービスです。

増資引受先の TYOは、広告会社機能と制作プロダクション機能を併せ持ち、TV-CM・WEBなどを中心とした2,000以上の広告制作数を誇るクリエイティブエージェンシーです。サマリーは今回の資金調達により、認知促進を含めた広告・プロモーション活動、マーケティング活動の強化をTYOと協業で進めていくことで、「サマリーポケット」のさらなる事業拡大を目指していきます。