ベンチャー企業への投資を促進するために個人投資家に対して税制上の優遇措置を行う制度、エンジェル投資の情報発信メディアです。

エンジェル投資を支えているのは?

前のページへ戻る

サッカー日本代表の本田圭佑選手が「ファーストペンギン賞」受賞賞金として贈られた5000万円を活用し、エンジェル投資家としての活動を始めたのはまだ記憶に新しいことですが、日本経済新聞の電子版でも「駆けるエンジェル投資家 30~40代が主役」として、ネット事業で成功した30、40代の起業家によるエンジェル投資家の記事が掲載されていました。

 ベンチャー(VB)に個人で資金を出すエンジェル投資家が増えている。IT(情報技術)・ネット事業で成功した30、40代の起業家が投資し、経験を基に助言する。後進の起業家を創業期から支援するサイクルが日本でも回り始めた。ベンチャーキャピタル(VC)と並び、VBのエコシステム(生態系)の一翼を担う存在となりつつある。

若くして成功した起業家が今度は投資する側へ。
エンジェル投資により起業の新たなサイクルが回り始める日も近いかもしれません。