ベンチャー企業への投資を促進するために個人投資家に対して税制上の優遇措置を行う制度、エンジェル投資の情報発信メディアです。

フィットネス音声ガイドアプリを運営するBeatFitがシードラウンドで総額1億200万円の資金調達を実施

前のページへ戻る

株式会社BeatFitは、 国内外の著名投資家より総額1億200万円の資金調達をシードラウンドとして実施いたしました。 今回の資金調達により、 アプリの機能追加やコンテンツの拡充など更なる事業の拡大を目指します。

「テクノロジーでココロとカラダを健康にする」ことを目指す株式会社BeatFit(本社:東京都目黒区、 代表取締役CEO:本田雄一)は、 J-KISS型新株予約権方式により、 SIG Global Japan Fund、 MTパートナーズ株式会社、 谷家衛氏、 宗清晶氏、 Asia Venture Group、 その他個人投資家から8,200万円、 ならびに日本政策金融公庫の融資金2,000万円、 総額1億200万円の資金調達をシードラウンドとして実施いたしました。

当社は、 フィットネス音声ガイドアプリ「BeatFit」を運営するスタートアップです。 昨今、 低価格の24時間ジムが急増しジムが身近になったことや、 Apple WatchやFitbitなどのウェアラブル端末が普及したことを受けて、 日本国内全体で運動意識が高まっています。 一方、 継続して運動を行うために重要なモチベーションツールがまだまだ不足しているのが現状です。 そこで、 BeatFitでは、 トレーニングに最適な音楽のプレイリストとトレーナーの音声ガイドから構成されるオリジナルフィットネスコンテンツ(クラス)の配信を通して、 運動の習慣化を効率よくサポートしていきます。
 

 

4月にベータ版をリリースして以降、 アウトドアランニング・ランニングマシン・インドアバイク・筋力トレーニング・ストレッチのジャンルで、 レベル別・時間別に様々なクラス数を配信しており、 掲載クラスは120を超えました。 この度、 「トレーニングログ機能」「お気に入り機能」「フィルター機能」および新ジャンル「ヨガ・瞑想」を追加し、 2018年9月1日に正式版のリリースを致しました。 現在、 主に24時間ジムを利用するユーザーを中心にご利用いただいており、 TwitterやInstagramでの口コミも増えてきています。

今回の資金調達により、 アプリの機能追加、 コンテンツの拡充、 ウェアラブル端末やAIスピーカーとの連携、 またジムやフィットネス施設とのアライアンス、 開発体制・マーケティング体制の強化を行い、 日本の健康寿命向上のために更なる事業の拡大を目指します。

 

【会社概要】
名称       株式会社BeatFit
所在地    東京都目黒区目黒2-11-3 2F
設立日    2018年1月9日
代表者    代表取締役CEO 本田 雄一
             代表取締役CPO 永田 昌一
             代表取締役COO 宮崎 学

【本件 に関する問い合わせ先】
広報担当 宮崎
メール:support@beatfit.jp