ベンチャー企業への投資を促進するために個人投資家に対して税制上の優遇措置を行う制度、エンジェル投資の情報発信メディアです。

【イベント取材ご案内】日本でもVCによる投資先企業への採用支援がスタート〜VCが投資先企業の魅力を語る〜注目スタートアップと20代若手社会人の採用マッチングイベント開催

前のページへ戻る

日時:9月19日(水)19:00~21:00 会場:渋谷東口ビル3階(渋谷駅徒歩5分)

株式会社ビズリーチ(所在地:東京都渋谷区/代表取締役社長:南 壮一郎 以下、 ビズリーチ)が運営する、 挑戦する20代の転職サイト「キャリトレ」は、 国内最大規模のファンドを有する独立系ベンチャーキャピタル「インキュベイトファンド」と連携し、 9月19日(水)夜にインキュベイトファンドが投資をしている注目スタートアップ3社と、 20代の若手社会人の採用マッチングイベントを開催します。

■スタートアップ投資が活況、 国内の資金調達額が過去10年で最高額を更新


2018年8月に調査会社のジャパンベンチャーリサーチが発表した内容によると、 2018年1~6月の国内スタートアップ企業の資金調達額が合計1,732億円となり、 過去10年で最高額を更新しました。 2018年通年では、 2017年の実績の2,921億円を大きく上回る4,000億円に迫る見通しです。 (※1)スタートアップに注目が集まるなか、 ベンチャーキャピタル(以下、 VC)に資金が集まりやすくなり、 結果としてスタートアップへの投資も活発化しています。

■資金面の援助だけではない、 進化するVCの支援体制


一方で、 欧米や中国と比較すると、 スタートアップへの投資や支援体制において、 日本はまだ遅れを取っています。 特に創業期を支える優秀な人材を確保することが、 事業成長においては非常に重要ですが、 採用における支援体制はまだ整っていないのが現状です。 実際に、 多くのスタートアップは資金調達後に採用への投資を行いますが、 知名度やノウハウもないため、 自社の力だけで優秀な人材を採用するのは困難を極めます。 そのようななか、 スタートアップの聖地シリコンバレーを含むアメリカでは、 多くのVCで投資先企業の採用支援のために専任担当者を配置し、 投資先企業の採用強化に努めています。 具体的には、 VC内にタレントプール(採用候補となりうる優秀な人材のデータベース)を構築し、 そのネットワークを投資先企業に活用してもらうことで、 人材獲得の仕組み化を行っています。

■国内VCで初(※2)、 インキュベイトファンドが投資先企業の採用支援体制構築を本格始動


インキュベイトファンドでは、 国内VCで初となる職業紹介業の認可を取得し、 投資先の企業価値を高めることに寄与する「スタートアップ・エコシステム」の構築を進めています。 HR専任担当が採用力向上のためのコンサルテーションや人材紹介を行う人事機能を持つことで、 投資先企業の企業価値向上をスピーディーかつ効果的にサポートします。 この「スタートアップ・システム」を強化する施策として、 この度、 挑戦する20代の転職サイト「キャリトレ」と連携し、 投資先企業と20代優秀層のマッチングを図ります。

■インキュベイトファンドとキャリトレが連携し、 新たな採用マッチングイベント開催


20代社会人を対象とした調査では、 約7割が「自分にしかできないスキルや経験が身につくのであれば、 ベンチャー企業・スタートアップへの転職も検討したい」と回答しており、 企業名や企業ブランドよりも、 自身の成長を求める傾向があることがうかがえます(※3)。 一方で、 数多くあるスタートアップのなかから、 本当に成長性が見込める企業かどうかを自分自身で見極めるのはなかなか難しく、 さらに、 そのような企業の求人情報を見つけることさえも困難なのが現状です。 そこで、 この度、 シードスタートアップへの投資において国内最大規模の実績を有すインキュベイトファンドと連携し、 新たなキャリアに挑戦したい20代と、 投資家の目線から成長性が見込めるスタートアップ3社のマッチングイベントを開催することで、 未来ある20代の選択肢と可能性を広げます。 そして、 革新的なビジネスを展開する企業の成長に寄与することを目指します。

【インキュベイトファンド×キャリトレ 採用マッチングイベント概要】

日時:

2018年9月19日(水) 開始時間19:30~21:30(開場19:15)

会場:

東京都渋谷区渋谷2-22-3 渋谷東口ビル3F(各線渋谷駅より徒歩5分)

対象:

20代社会人 約20名

登壇企業・当日登壇者:

<登壇企業・登壇者>
・株式会社 SQUEEZE 代表取締役 CEO 舘林 真一 氏
・株式会社 iCARE 代表取締役 CEO 山田 洋太 氏
・ベルフェイス株式会社 コーポレート事業部 人事/広報チーム 西島 悠蔵 氏

<その他登壇者>
・インキュベイトファンド株式会社 HRマネージャー 壁谷 俊則 氏
・株式会社ビズリーチ 執行役員 キャリトレ事業部長 中嶋 孝昌

プログラム※途中参加、 途中退席可:

<第1部> オープニング
-20代のスタートアップ転職動向について(ビズリーチ 中嶋)
-スタートアップ動向、 VCの支援体制の変化について(インキュベイトファンド 壁谷氏)
<第2部> 各社企業説明
<第3部> 交流会

▼ご取材いただけます:
・ビズリーチ 執行役員 キャリトレ事業部長 中嶋 孝昌
・インキュベイトファンド HRマネージャー 壁谷 俊則氏
・各登壇企業・20代社会人(顔出し無し、 本人の了承を得られた場合)

※1 ベンチャー企業 資金調達速報レポート 株式会社ジャパンベンチャーリサーチ調べ(2018年2月8日)

※2 インキュベイトファンドは、 国内VCで初となる有料職業紹介事業の認可を取得(2018年3月)し、 投資先企業への人材紹介業務を開始しています。

※3 20代社会人のキャリトレ会員アンケート結果
70%が、 「自分にしかできないスキルや経験が身につくのであれば、 ベンチャー企業・スタートアップへの転職も検討したい」と回答
Q.自分にしかできないスキルや経験が身につくのであれば、 ベンチャー企業・スタートアップへの転職も検討したい

そう思う 35%
どちらかといえば、 そう思う 35%
どちらかといえば、 そう思わない 22%

〈調査概要〉キャリトレ会員アンケート
・実施期間:2018年6月27日~7月2日
・対象:挑戦する20代の転職サイト「キャリトレ」会員
・年齢:22歳~29歳
・回答数:168件
・男女比:男性45%、 女性55%

■登壇企業概要

【株式会社 SQUEEZE】

(参照: https://squeeze-inc.co.jp/
株式会社SQUEEZEは、 「価値の詰まった社会をつくる」をビジョンに掲げ、 宿泊事業者向けのソリューション事業、 またホテルなどのアセットマネジメント事業を行なっています。 テクノロジーの力を使用し、 法人企業の宿泊事業への参入や事業拡大などのサポート、 土地・不動産活用の企画から宿泊施設運営を主事業として展開しております。 インバウンドビジネスが注目を浴びる中、 サービスの競合優位性、 市場の発展性に大きな期待をいただき、 2018年3月に国内最大級の不動産サービスデベロッパーと資本業務提携を締結、 総額8億円の資金調達を完了しました。 ICTの力で地域コミュニティが持つ資産の潜在的な「価値」を活かし、 空間と時間の可能性を広げるプラットフォームになるべく、 邁進していきます。

・登壇者:代表取締役 CEO 舘林 真一 氏 プロフィール
東海大学政治経済学部卒業後、 ゴールド・マンサックス証券シンガポール支社に勤務。 その後、 トリップアドバイザー株式会社シンガポール支社にてディスプレイ広告の運用を担当。 2014年9月、 株式会社SQUEEZEを創業し代表取締役CEOに就任。

【株式会社 iCARE】

(参照: https://www.icare.jpn.com/
株式会社iCAREは、 「働くひとと組織の健康を創る」をビジョンに掲げ、 人事労務の抱える煩雑で複雑な健康管理業務をカンタンにするヘルスケアサービスCarelyを提供しています。 企業の人事労務は、 労働者の健康に対してどうすればよいのか困っています。 健康診断の予約・ストレスチェックの実施・残業時間の管理・健康相談を、 テクノロジーによって効果的に効率化しています。

・登壇者:代表取締役 CEO 山田 洋太 氏 プロフィール
離島医療を経験後、 慶応ビジネススクール修了。 在学中にiCARE創業、 卒業後潰れた病院の経営企画室長として単月黒字化に成功。 その後、 多くのIT企業の産業医として、 iCAREのCEOとして働くひとと組織の健康創りを邁進。 厚生労働省「柔軟な働き方検討会、 VDT検診見直し検討会」にも参加。

【ベルフェイス株式会社】

(参照: https://bell-face.com/
『Technology for Sales 勘と根性の営業を、 テクノロジーで進化させる』
ベルフェイス株式会社は、 セールス・顧客サポート領域にテクノロジーを持ち込み、 あらゆるビジネスの可能性を広げています。 営業において、 イノベーションを起こしている企業です。 4年目のベンチャーではありますが、 リクルートグループ、 楽天グループなどの大手から中小ベンチャーまで約700社の企業様に導入していただいております。 今期5億円の資金調達も実施し、 いよいよ次のステージに上がってきます。

・登壇者:コーポレート事業部 人事/広報チーム 西島 悠蔵 氏 プロフィール
関西学院大学卒。 全日本空輸株式会社で、 パイロットとして勤務し、 その後、 株式会社リクルートキャリアにてキャリアコンサルタント、 人事を経験。 年間500名を超える採用に従事。 2017年8月からベルフェイス株式会社に入社。 現在は、 人事責任者として全般を担当。

■インキュベイトファンド株式会社について(参照: http://incubatefund.com/


インキュベイトファンドは、 「志ある起業家の挑戦を、 愚直に支え抜く」をモットーに、 創業期の投資・育成に特化した独立系ベンチャーキャピタルです。 シードスタートアップへの投資において国内最大規模の実績を有し、 運用総額337億円のファンドから250社以上のポートフォリオを構築しています(2018年9月現在)。 起業家の良きパートナーとして、 最も近いポジションから、 新規事業の創造やベンチャー企業の立ち上げ及びバリューアップに努めています。

■挑戦する20代の転職サイト「キャリトレ」について(参照: https://www.careertrek.com/


挑戦する20代の転職サイト「キャリトレ」は、 20代が自分の本当の価値と、 新しい可能性を発見する転職サイトです。 1日5分、 レコメンドされる求人のなかから「興味がある」求人を選択するだけで、 より、 志向性に合う求人がレコメンドされたり、 企業からスカウトが届くようになります。 使えば使うほど、 自身の潜在的なキャリアの可能性を発見できます。 「キャリトレ」は、 20代の皆様が新たなキャリアに挑戦するときや進むべき道に迷ったとき、 必ずそばにいる存在でありたいと考えています。 2018年9月時点の会員数は48万人以上で、 掲載求人数は15万6,000件以上、 累計利用企業数は6,100社以上です。

■株式会社ビズリーチについて


「インターネットの力で、 世の中の選択肢と可能性を広げていく」をミッションとし、 2009年4月より、 人材領域を中心としたインターネットサービスを運営するHRテック・ベンチャー。 東京本社のほか、 大阪、 名古屋、 福岡、 シンガポールに拠点を持ち、 従業員数は1,162名(2018年3月現在)。 即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」や、 挑戦する20代の転職サイト「キャリトレ」、 AI技術を活用した戦略人事クラウド「HRMOS(ハーモス)」、 求人検索エンジン「スタンバイ」、 事業承継M&Aプラットフォーム「ビズリーチ・サクシード」などを展開。
参照URL: https://www.bizreach.co.jp/
 
 

 

 

 

 

日時:

2018年9月19日(水) 開始時間19:30~21:30(開場19:15)

会場:

東京都渋谷区渋谷2-22-3 渋谷東口ビル3F(各線渋谷駅より徒歩5分)

対象:

20代社会人 約20名

登壇企業・当日登壇者:

<登壇企業・登壇者>
・株式会社 SQUEEZE 代表取締役 CEO 舘林 真一 氏
・株式会社 iCARE 代表取締役 CEO 山田 洋太 氏
・ベルフェイス株式会社 コーポレート事業部 人事/広報チーム 西島 悠蔵 氏

<その他登壇者>
・インキュベイトファンド株式会社 HRマネージャー 壁谷 俊則 氏
・株式会社ビズリーチ 執行役員 キャリトレ事業部長 中嶋 孝昌

プログラム※途中参加、 途中退席可:

<第1部> オープニング
-20代のスタートアップ転職動向について(ビズリーチ 中嶋)
-スタートアップ動向、 VCの支援体制の変化について(インキュベイトファンド 壁谷氏)
<第2部> 各社企業説明
<第3部> 交流会

▼ご取材いただけます:
・ビズリーチ 執行役員 キャリトレ事業部長 中嶋 孝昌
・インキュベイトファンド HRマネージャー 壁谷 俊則氏
・各登壇企業・20代社会人(顔出し無し、 本人の了承を得られた場合)

そう思う どちらかといえば、 そう思う どちらかといえば、 そう思わない