ベンチャー企業への投資を促進するために個人投資家に対して税制上の優遇措置を行う制度、エンジェル投資の情報発信メディアです。

経団連に入会いたしました

前のページへ戻る

VISITS Technologies 株式会社(東京都港区、 代表取締役社長:松本 勝、 以下、 VISITS)は2019年3月15日付で、 一般社団法人日本経済団体連合会(以下、 経団連)に公認入会いたしました。

 

VISITSは、 世界初のCI(Consensus Intelligence)技術(特許取得済)を提唱し、 2018年6月に経済産業省による次世代のユニコーン企業創出を目的としたスタートアップ支援プログラム「J-Startup」に選出されたテクノロジーカンパニーです。

「CI技術を開発し、 新しい価値経済を創造する」という未来を描き、 独自の合意形成アルゴリズムの開発を行っています。 この、 AIでは解決不可能な「教師データのない『定性的な価値』を定量化できる」独自の技術を活かし、 これまで定量化できなかった人の創造性やセンスといった「感覚的資産」を全て客観的に定量化し、 ブロックチェーン技術と組み合わせて流通させることで、 新たな「価値経済」を創造することが可能になります。

経団連の掲げる「デジタルテクノロジーとデータを高度に活用して社会全体の最適化を図るSociety 5.0」というコンセプトは、 急速なデジタル革命を課題と捉えるのではなく、 CI技術を活用することによりイノベーションを加速し、 人々がより幸せに生きることのできる未来の創造に向けて貢献していきたいというVISITSのビジョンと非常に親和性が高いと考えております。

経団連に所属し、 より良い社会の実現を目指す皆様と協働し様々なフィードバックを頂きながら、 日本発のテクノロジーカンパニーとして「創造性を科学し、 世界中の誰もが社会価値創造に貢献できるエコシステムを構築する」というミッションに向け更なる邁進をしていく所存です。
 

写真提供:経団連

写真提供:経団連

 

【企業概要】
会社名  :VISITS Technologies株式会社
代表者  :代表取締役社長 松本 勝
設立   :2014年6月
資本金  :9億7千万円(資本準備金含む)
所在地  :東京都港区六本木7-4-4 4階
事業内容 :・特許技術「CI」を活用した社会課題解決事業
コーポレートサイト:  https://visits.world/