ベンチャー企業への投資を促進するために個人投資家に対して税制上の優遇措置を行う制度、エンジェル投資の情報発信メディアです。

Tech in Asia Tokyo 2017で出資する投資家6社を紹介

前のページへ戻る

Tech in Asia Tokyo 2017で出資する投資家6社を紹介

投資家とのパートナーシップを確立するのは容易なことではありません。 書類の記入はともかく、 投資家の頭を縦に降らせるためには何ヶ月もかかります。 ビジネスの世界では近道というものはそれほど多くありませんが、 Tech in Asia Tokyo 2017のSpeed Datingというプログラムでは、 近道ができます!9/27(水),28(木)の2日間で、 なんと約40人の投資家に会うチャンスがあります。

まだ半信半疑ですか?そんなあなたもこちらの投資家6人を見れば、 きっとイベントに参加したくなるでしょう。

500 Startups Japan

名前に騙されないように。 この世界的な投資ファームのポートフォリオ数は500ではありません。 実際は1800に近いポートフォリオを誇っています。 投資先にはGrab、 Udemy、 Credit Karmaなどがあります。 500 startupsはシリコンバレーから始まりましたが、 今はASEAN地域での存在感を強めています。

イベントで見かけたら、 「ビジネスの『なぜこれなのか、 なぜ今なのか、 なぜあなたなのか』を答える」という彼らのアドバイスを念頭にピッチしましょう。

希望投資額(USD):50K — 500K

興味ある国:日本

興味分野:バイオテクノロジー、 ハードウェア、 流通、 SaaS、 ポテンシャルのあるスタートアップ

BEENEXT

投資家が最も気にするのは投資へのリターンです。 「ファウンダーによる、 ファウンダーのための、 ファウンダーのパートナーシップ」とマネージングパートナーの佐藤輝英氏は言います。 ファームのマネージメントに就く前田ヒロ氏は日本初のアクセレーターOnlabを創業し、 Forbesの30 Under 30 in Asiaに入りました。 彼は100件以上の投資を行なっており、 成功を収めた企業の中にはInstacart、 Tokopedia、 日本初のY Combinator企業であるAnyperkなどが含まれています。

前田氏のスタートアップ戦略ワークショップは、 カンファレンス1日目に開催されます。 「ユーザーインタビューの仕方」では効果的なユーザーインタビューを通して「ユーザーファースト」のプロダクトデザインや体験の作り方を教えます。

希望投資額(USD):50K — 500K

興味ある国:日本、 SEA

興味分野:バイオテクノロジー、 ハードウェア、 流通、 SaaS、 ポテンシャルのあるスタートアップ

D4V

Design for VenturesはGenuine StartupsとIDEOの組み合わせから生まれました。 デザイン思考、 投資ノウハウ、 ネットワークという考え方を通して日本のベンチャーが世界規模の成功を収められるように援助します。 さらに、 D4Vの投資でアップル最初のマウスを製作したIDEOの支援も受けることができます。

D4V曰く、 投資家を2回目のデートに誘いたかったら「明確なビジョンと競合との差別化を提示」するべきだそうです。

希望投資額(USD):200K — 500K

興味ある国:日本、 世界

興味分野:クリーンテック、 フィンテック、 ライフスタイル、 音楽とエンタメ、 ポテンシャルのあるスタートアップ

DG Incubation

Digital Garageの略称であるDG Incubationは著名なポートフォリオを所有しています。 成功する前のTwitterやLinkedInに投資したことで有名です。 現在DG Incubationは、 前述の日本最古のインキュベーターであるOnlabを運営しています。 今のDG Incubationは見込みのある日本のスタートアップを支援することに力を入れており、 日本で最も成長しているHR スタートアップのSmart HRもその1つです。

成功したいと考えているスタートアップには、 「短期は悲観的に、 長期は楽観的に」と助言をしています。

希望投資額(USD):50K — 1 Million

興味ある国:日本、 世界

興味分野:クラウドコンピューティング、 eコマース、 フィンテック、 流通、 旅行

Rakuten Ventures

楽天グループの一部として、 Rakuten Venturesはインターネット、 フィンテック、 モビリティの分野からスタートアップエコシステムの向上に貢献しています。

ただの出資者にとどまらず、 楽天ベンチャーは日本最大のデジタルコマース企業による世界的なネットワークを持っています。 Tech in Asia Tokyo 2017で楽天ベンチャーを見かけたら、 「一番肝心な質問を訊いて、 明解な回答を要求する」ことをお勧めします。

希望投資額(USD):10 Millionまで

興味ある国:世界

興味分野:アドテク、 AI、 ビックデータ、 バイオテクノロジー、 クラウドコンピューティング、 開発者ツール、 生産性ソフトウェア

Salesforce Ventures

Salesforceは世界最大のSaaS CRMプラットフォームとして、 T-Mobile、 (RED)、 American Expressなどにクラウドサービスを提供しています。 2009年にSalesforce Venturesを設立し、 CRMソフトウェアとは別の方法でスタートアップを支援してきました。 Salesforceのポートフォリオの中には、 Dropbox、 Stripe、 Twilio、 日本発CXOリクルーティングツールのBizReachなど、 馴染みある企業が名を連ねています。

Speed Datingに参加するスタートアップへのアドバイスとしては、 「問題、 解決方法、 トラクション、 チームをピッチのテンプレートにしましょう。 マーケット状況やトレンドなど漠然とした話題には10秒で聞き飽きます。 」

希望投資額(USD):500K — 5 Million

興味ある国:日本、 世界

興味分野:分析、 AI、 クラウドコンピューティング、 デザイン、 エンタプライスソリューション、 生産性ソフトウェア、 認知テクノロジー、 SaaS

一ヶ所で会いましょう

この6社以外にも、 40社の国際的な投資家がSpeed Datingで出資の用意をしています。 9月27・28日に開催されるこのイベントでは、 世界で話題を呼んでいるスタートアップや投資家をハイライトします。 資金調達、 プロフェッショナルアドバイス、 ビジネスパートナーシップを獲得する絶好のチャンスになるでしょう。

スタートアップパスかBootstrap Alley展示パスをお持ちでしたら、 今日からSpeed Datingの事前登録することができます!事前登録は9月14日に締め切りますので、 見逃さないように。

パスをまだお持ちでないなら、 まだ間に合います。 下からBootstrap Alleyブースに9月8日までに申し込むと、 10%割引を受けることができます。

ブース出展はこちら →  https://goo.gl/Bdc59p

また、 一般参加者として参加をご希望の場合は、 tiatokyo10 のコードで9月8日までに購入すると10%割引を受けることができます。

一般パスはこちら    →  https://goo.gl/YyTzFn

当リリースの詳細について

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000037.000014933.html